26年間の母親業を振り返る、主婦のたわごと

24歳で産んだ長女の結婚をきっかけに、自分の育児を振り返ってみようと思った。

おむつなし育児

先日、おむつなし育児アドバイザー認定講座を受けに行った。

 

二人の子どもを育てた中で、おむつを外すことはそれほど苦ではなかった。

長女のときは、母や祖母や近所のおばちゃんたちにプレッシャーをかけられて焦ったこともあったけど、まあ、そのおかげで次女はむしろ楽しんでおむつをとることができた。

 

そもそもなぜこの講座に参加したかと言うと、年に2回妊婦さんと0歳児ママの勉強会を開いている。

来月9回目の開講で既に200人以上が卒業している。この会では、おむつ外しから始まり、母になるために知っているといい話を全四回に渡り話させてもらっている。

 

世間で言うトイレトレーニングってそんなに難しくないし、覚悟を決めてやるようなもんじゃないんだけど、雑誌やネットや先輩ママたちからの大量に発信される情報により、正しい選択ができないママたちが多く途方にくれているのだ。

 

今のママたちは科学的根拠がとっても好きなので、納得しないと迷ってばかりいる。ちょっと行動を起こしてみるとまた見える風景も変わってくる

 

おむつ外しに話は戻るが、出すことは大事なこと、排泄の尊厳は誰しもが守られなければならない権利なのだ。

 

赤ちゃんにおむつに排泄することを躾ける前に放たれた空間で排泄することをぜひ教えてあげてほしい

 

大人の都合でおむつにさせ、大人の都合でおむつをとる、トイレでしない我が子を責める、、何だか変だよね〜

 

f:id:sweetie-pie:20170601073352j:image

#いっしょにママになろう

#おむつなし育児