26年間の母親業を振り返る、主婦のたわごと

24歳で産んだ長女の結婚をきっかけに、自分の育児を振り返ってみようと思った。

邂逅

26年ぶりに電車の中で昔お付き合いしていた彼にばったり会った。躊躇なく声をかけた。

その時は母もいっしょだった。電車の車両って10両もあって数分おきに行ったり来たりしているのにピンポイントでそこに乗り合わせたことが何ともミラクルである。私も滅多に電車の乗らない、彼も電車に乗るのは20年ぶりと言っていた。そして、その日は私のお誕生日に前日だった。

 

時空力という勉強会に昨年の秋に参加した。その時に自分の戻りたい過去へ手紙を書くというのがある。私と彼との別れはお互いの気持ちではなく、家の事情、系譜が原因で結婚できなかった。しかし、この時の私には真実は知らされず、親と彼とのやりとりのみで、もうあわせてもらえなかった電話もつなげてもらえなかった。そのあとも何年にもわたり彼は電話をくれたそうだが、私に繋がることはなかった。親から引き離された感があり、ずっとそれをひきずっていた。なので、その過去の自分へ手紙を何度も書いた。書いて行くうちに徐々に凝り固まった見方がかわり、その中で幸せや愛されたことを気づかされた。そのうちにこのままでは人生終えられないし、余生を引っかかりなく生きたいと思っていた。死ぬ前に彼に会ってちゃんと話したい、伝えたいことがあると改めて思っていた。それから約半年後の邂逅であった。

 

邂逅から数日後26年ぶりにご飯を食べに行った。タイムスリップ・・・26年にブランクは全く感じられずに、滝のように言葉があふれ、別れた後のお互いの人生を語った。

この時はじめて私は知らされなかった真実とやっと知ることができ、ずっと自分のせいだと思っていたことがそうではなかったと分かったのだった。ずっと背負ってきた重荷をやっとおろせるなと心底ほっとした。

別れてから自分のどこが悪かったのか、勝手に想像を巡らせ過去の自分に別れを告げ、私は新しい自分になろうとどんどん自分で自分の首を締めていた。すごく苦しかった。そんな話をすると、私は自分でダメ出しして直そうとがんばった部分こそが彼にとっての一番の魅力だったそうだ。25年間も窮屈な思いをしながら矯正していく必要はなかったんだ。

やっと本来の自分に戻ろうと思える日だった。

 

母は私のことを心配し、彼の電話のたびに怒っていたそうだ。親の愛情だったのかもしれないけど、ちゃんと自分で責任を取らせてほしかったとずっと思っていた。

悲願達成、やっとこの思いにたどり着けた。

 

そんな話をしているともうひとつ二人のその後の物語があるんだよと面白い話をきかせてくれたのだ・・・・