26年間の母親業を振り返る、主婦のたわごと

24歳で産んだ長女の結婚をきっかけに、自分の育児を振り返ってみようと思った。

堪能する

昨日の登山は心は大満足だったけど、身体はかなりつかれているみたい。

昨夜は頭ばっかり、冴えてしまって眠れず、ビデオに録ったドラマをみながら、珍しく夜更かしをしてしまった、、

 

昨日、自然の中で過ごして自分の五感をフルに使ってみて気づいたこと。

 

いまさら⁉︎なんだけど、忙し過ぎるってこと。私の性格上、暇が苦手で、1日のスケジュールは詰めて詰めて詰めまくり、ひとつコケるとドミノ倒しのように詰めたスケジュールが倒れる。

これも子どもたちにやってきてしまったな〜〜と反省💦

 

最近のんびりすることをやっと自分に許可できるようになった。昨日も実は登山の後に川遊びが入っていたのだが、師匠が自然界のステキなものをたくさん見せてくれたおかげで、またまた気づいたことがある。

今までの私の目標は登頂すること。何でも、ゴールを決めて突っ走ることが良しだった。

登りながら、光を感じだり、葉っぱと葉っぱの触れ合う音や足下に咲いている小さな花を見つめたり、そんなことしたことなかったかも⁉︎

と、そんな自分に驚いた。昨日はかなり山を堪能した気がする。その後の川遊びをキャンセルしてまで。

子どもたちを連れてくる夏には、スケジュールを詰め込まないでゆっくりたっぷり山を堪能させたいな。

だって、子育ては80%ちゃんと待ってあげれば、子どもは自分で考え、次にどうすればいいか本人はわかってる。そんなことを分かったのは子育てが終わってから、、、、長女はマイペースでのんびりさんだった分、急かされてきっとしんどかったんじゃないかな?って胸が痛む。

もう大人だから、自分のペースで心地よく生きて欲しいと思う。

 

次女はのんびりではないが、型にはめられたくないマイペース。これも待ってやれてないし、押し付けてる私がいる。

あと数ヶ月で脱シングルエイジ、生活の中で彼女が向かっている今にしっかりと向き合いたい。